サービスとソフトウェア更新

サービスメニューでは、ソフトウェアの更新、ワイヤレスネットワークへの接続、他のリモコンとのペアリングを行うことができます。より詳細なサービスの設定(Soundcenter の工場出荷設定へのリセット)も可能ですが、詳細設定メニューは、主に設置業者による使用や点検修理を目的としていますのでご注意ください。
 
システムに Beovision Harmony をセットアップしている場合は、システム内の全製品を常に最新状態に維持し、通信できるようにするために、システム自動更新を有効にしておくことが重要です。

いつでもソフトウェア情報を調べて、テレビのソフトウェアを手動で更新することができます。

  1. を押し、ホームメニューを呼び出します。
  2. 矢印ボタンを使って Bang & Olufsen TV アプリを選択し、センター ボタンを押して決定します。
  3. またはを押してサウンドと BeoLink...を選択し、センターボタンを押します。
  4. またはを押してサービスを選択し、T20-Nav-Right.jpgボタンを押します。
  5. またはを押してメニュー項目を選択し、センターボタンを押します。
  6. 画面に表示される指示に従ってください。

 

ソフトウェアを更新する

ソフトウェアの更新メニューから利用可能なソフトウェア更新をダウンロードするときは、お使いの Beovision Harmony がインターネットに接続されている必要があります。ソフトウェアが自動更新されるように、Beovision Harmony を設定することをお勧めします。

ソフトウェア更新については、販売店にお問い合わせください。

 

アップデートの確認

更新確認を選択してセンターボタンを押すと、Beovision Harmony が新しいソフトウェアを確認します。 利用可能な更新プログラムがある場合は、センターボタンを押し、画面に表示される指示に従って更新を開始してください。

Beovision Harmony が新しいソフトウェアの更新を行っている間はスタンバイインジケーターが赤く点滅します。このとき、Beovision Harmony は電源に接続されている必要があります。
更新が完了すると、画面右上に通知が表示されます。

 

リリースノートを表示するには...

  1. を押し、ホームメニューを呼び出します。
  2. 矢印ボタンを使って Bang & Olufsen TV アプリを選択し、センター ボタンを押して決定します。
  3. またはを押してサウンド & BeoLink...を選択し、センターボタンを押します。
  4. またはを押してサービスを選択し、T20-Nav-Right.jpgボタンを押します。
  5. またはを押してソフトウェア更新を選択し、リリースノートを選択して、センターボタンを押します。

 

システム自動更新

複数の Bang & Olufsen 製品を装備したシステムをお使いの場合、更新の確認時に、システム全体が更新されます。TV メニューで、システムのソフトウェア自動更新を有効にしてください。そうすることで、システムの Bang & Olufsen 製品で利用可能なソフトウェア更新が定期的に自動でダウンロードされます。*

*システムの自動更新機能は、製品ごとではなく、システム全体でのみ有効または無効にすることができます。

 

リモコンをペアリングする

リモコンのペアリングメニューで、別の BeoRemote One と Beovision Harmony をペアリングすることができます。

  1. リモコンのペアリングメニューで [ペアリング] を押します。
  2. リモコンがペアリングモードになっていればすぐにペアリングが開始されます。

リモコンのペアリングを解除する...

  1. リモコンのペアリングメニューでペアリングを解除したいデバイスを反転表示させ、センターボタンを押します。
  2. 削除を反転表示させてセンターボタンを押します。

 

スタンバイから特定のソースを有効にする

TVまたはMUSICボタンを押してスタンバイモードのテレビをオンにしたときに起動する、特定のソースを選択します。

 

無線ネットワークのセットアップ

ワイヤレスネットワークのセットアップメニューでは、Beovision Harmony を検索したり、Beovision Harmony をワイヤレスネットワークに接続したりできます。

  

使用データ - プライバシーポリシーと利用規約

当社は、ご提供する製品とサービスの質を改善するために、ご利用中の当社製品から性能と使用形態に関する特定の情報を収集する場合がございます。こうした情報は常に匿名ベースでのみ収集されます。この機能は、使用データ (プライバシーポリシーと利用規約) からいつでも無効化または有効化することができます。